マメ科ラティルス属 1、2年草 地中海沿岸原産 和名-ジャコウレンリソウ

スイートピーは、私にとって特別な花です。
20年以上前、ガーデニングという言葉すらまだなく、「園芸」と言っていて、お年寄りの趣味という
イメージが固定されていました。でも、フラワー
アレンジは流行っていて、飾る花も自分で育てたら
どうなのだろうとか、家の庭に花がいっぱいあったら
楽しそうなどと思った私たち夫婦は、種苗会社の
カタログからいくつかの種を選び育ててみました。
その中の一つにスイートピーがあり、ぐんぐん育って
たくさんの花を咲かせてくれました。次々と、
摘み取って部屋に飾ったらスイートピーの花瓶が6
つ、
7つになって部屋中が良い香りで満たされました。
そのとき、初めて植物を育てることのしあわせを
心から感じました。
イタリアのシチリー島で発見され、1699年に
イギリスに輸入されました。
エドワード王朝の花といわれ、アレクサンドラ王女の
お気に入りの花だったそうです。
日本では、1862年に描かれた絵に見られるものが
最も古い記録だといわれているので、幕末の日本に
西洋の香りを運んで来たものの一つだったようです。
また、和名のジャコウは芳香を、レンリは夫婦の
深い契りをあらわすもので葉が互いに向かい合っている
ことから名付けられたそうです。