キク科キク属 多年草 中国、アメリカ、ヨーロッパ原産

日本原産の植物のような気がしますが、『万葉集』には
キクを詠った歌は8世紀の半ばにはまだ渡来していなかった
とされています。初めて記録されているのは795年桓武天皇
の曲宴でよまれた和歌です。そして、『万葉集』から1世紀
半後の『古今和歌集』には15首詠まれています。平安時代
には、重陽の節句(菊の節句9月9日)や、菊酒などの風習が
広まり、庶民も楽しむようになりました。江戸時代には、
さらに盛んに鑑賞されるようになり、品種・系統の改良、
新種の育成など栽培技術は飛躍的に発展しました。
中国の伝統では、菊が長寿をもたらすといわれ、現在も解毒、
鎮痛、解熱などの効用のある漢方薬として扱われています。
仏花のイメージも強い菊ですが、スプレーギクなどは色も
花形も多彩で洋風なガーデンや、コンテナにもぴったりです。