キク科コスモス属 1、2年草 アメリカ、メキシコ原産 和名-秋桜

コスモスという名は、ギリシャ語で宇宙、秩序、
調和を表すことばがもとになり、美しく調和の
とれた花の形に由来するようです。
コロンブスの新大陸発見後、ダリアと共にスペインに
運ばれますがダリアがヨーロッパで華々しく脚光を
浴び、ナポレオンの皇后ジョセフィーヌにも愛され
マルメゾン宮殿の花壇を飾ったのに対し、コスモスは
人気が出ませんでした。花が、どちらかといえば
地味で花壇では主役にならず、庶民が窓辺に飾るには、
丈が高すぎたようです。
日本では、明治12年にイタリア人の美術教師
ラグーサによってもたらされましたが、秋桜という
和名もつけられ、季語にもなるほど日本の秋の風景に
馴染みました。一足先の1842年(江戸後期)
に渡来したダリアより、繁殖しやすいので身近な
花といえるでしょう。風情を重んじる日本人には、
優しげで儚げなコスモスの方が派手やかな
ダリアより、しっくりきますよね。ヨーロッパと
日本の感性や風土の違いが現れているようで、
おもしろいですね。