ユリ科フィリチラリア科 秋植え球根 中国原産 別名-アミガサユリ 
英名-フィリチラリア・メレアグリス



華やかではないけれど、シックでしゃれた感じがして
大好きです。特に病害虫の心配もなく、水はけと
日当りの良い場所なら毎年ちゃんと出て来てくれます。
内側に編み目のような模様があるのでアミガサユリ、
バイモは「貝母」と書きますが、果実または球根が
貝の形に似ているという2つの説があるようです。
名前だけは、平安時代から知られていたようですが、
実物が渡来したのは、1724年とされています。
鱗茎は鎮咳、止血、解熱など漢方で用いられて
いるそうです。
バイモの仲間は100種類以上が北半球の温帯に分布し、
日本で自生しているクロユリもこの仲間です。